ニキビ スキンケア

ニキビを治したいと思ったとき、まずは日頃の生活習慣を改善することを考えます。

食生活、睡眠、運動などの基本的なことをおろそかにしないことや、紫外線を避ける、乾燥や冷えに気を付けるといったことが考えられます。

次に、ニキビケア化粧品を使用してスキンケアすることも大切だと思います。洗顔料、化粧水、美容液、乳液などを使用して、肌の環境を整えます。

生活習慣を変えて根本的に治していくことを考えつつ、化粧品も使用するのが良いと思います。

ニキビ 治療

ニキビを治したいと考えたとき、洗顔料、化粧水などの化粧品が浮かびます。比較的安価なものが多く、近くのデパートなどで買えるので始めやすいです。

一方、皮膚科などを受診して治療となると、金銭面や時間の面で化粧品よりも多くかかるようなイメージがあります。

治療には塗り薬や飲み薬といった外用薬・内服薬による治療、レーザー治療などいくつかの種類があるそうです。医師に診てもらえるのがメリットかなと思います。

ニキビ跡 直し方

ニキビ跡は、ニキビ自体が治ったあとでも赤みなどが残ってしまう状態です。

ニキビ跡には、赤みが残るタイプ、茶色や紫色になって残るタイプ、クレーター状の凹凸になって残るタイプなどがあり、それぞれ直し方が異なるそうです。

赤みが残るタイプと茶色・紫色になって残るタイプは化粧品(洗顔料、化粧水、乳液、美容液など)で治る可能性がありますが、クレーター状のタイプになると、化粧品で治すのは多くの時間がかかる、または治すことが難しいそうです。

クレーター状のニキビ跡ができ、それを治したいと思った場合、皮膚科に相談するのが一般的です。