ニキビ 皮膚科

ニキビを治そうと思ったとき、化粧品やスキンケアで対応するのが一般的だと思います。皮膚科に診てもらうのは、かなり症状が悪化し自分ではどうにもならなくなったときではないでしょうか?

しかしながら、最近では早期の段階で皮膚科を受診し、治療してもらうことも増えているようです。

日本皮膚科学会という機関が策定したガイドラインでは、アクネ菌や炎症に対応するための飲み薬と塗り薬、毛穴の詰まりやニキビをできにくくするアダパレンという薬が推奨されています。

セルフケアで対策をして上手くいかなかった場合など、皮膚科を受診するのもひとつの手だなと思いました。